/

西野氏「タイ国民と共に戦う」 サッカー代表監督就任で会見

【バンコク=共同】サッカー日本代表の前監督でタイ代表監督に就任した西野朗氏(64)が21日、バンコクで記者会見に臨み「アジアや世界に向けたチームづくりができるよう精進していく。タイ国民と共に戦っていきたい」と決意を表明した。

日本代表監督の経験をもとに「選手の力やチーム力を引き出し、グループで戦うこと」を強調。9月に始まるワールドカップ(W杯)アジア2次予選のベトナムとの初戦へ向け「勝ちに行きたい。全てを傾注して最善を尽くす」と話した。

西野氏は「まずはタイ人スタッフと」と、日本のスタッフは招かない方針。サッカーが大人気のタイでは西野監督への関心は極めて高く、就任会見には報道陣が殺到。「タイサッカーのアジアでのレベルは」「W杯予選突破のチャンスは」などと質問が相次いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン