/

ソフトバンク森「しっかり投げたい」 15日紅白戦に登板予定

昨季32セーブの守護神が切れのある球を投げ込んでいる。ソフトバンクの森は14日、宮崎市のキャンプでブルペンに入り60球を投げた。15日は紅白戦に登板予定で「打者にやっていった方がいいので、まずはこの紅白戦でしっかり投げたい」と意気込む。

ブルペンで投球練習するソフトバンク・森(14日、宮崎市)=共同

ブルペンの端、他の投手と少し離れた定位置のマウンドで、正捕手の甲斐に向かって投げた。直球に加え、カーブ、カットボール、フォークボールを入念に確認。途中打席に立った左打者の上林に、カーブの曲がりについて聞く場面もあった。

11日のシート打撃は打者6人に対し2安打で、球威、球の質ともに申し分なかった。プロ入りから50試合以上の登板を続け、8年目を迎える今季は四球の数にこだわる。最少は2015年の10、昨季は13だったが「5は切りたい」と高い目標を掲げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン