/

吉村が2位、川内7位で3連覇ならず 防府読売マラソン

防府読売マラソンは15日、山口県防府市体育館前―防府市陸上競技場のコースで行われ、マシュー・キプロティク(ケニア)が2時間10分47秒で初優勝。吉村大輝(旭化成)が26秒差で、日本勢トップの2位に入った。100度目のマラソンで3大会連続5度目の優勝を狙った川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は2時間14分17秒で7位だった。

日本勢トップの2位に入った吉村大輝(15日、防府市陸上競技場)=共同

視覚障害女子は来年の東京パラリンピック出場を確実にしている道下美里(三井住友海上)が2時間58分50秒で制した。自身の持つ世界記録に2分36秒及ばなかった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン