2019年3月21日(木)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

ディアドラなど日本馬3頭が2着 競馬の香港国際競走

2018/12/9 20:45
保存
共有
印刷
その他

競馬の香港国際競走は9日、シャティン競馬場で行われ、G1・4レースに日本馬計9頭が出走、クリストフ・ルメール騎乗のディアドラなど3頭の2着が最上位だった。今年の日本馬は2010年以来、8年ぶりに海外G1未勝利に終わった。

メインの香港カップ(2000メートル芝)でディアドラは5番手から最後の直線で鋭く伸び、逃げ切ったグロリアスフォーエバー(香港)に1馬身差まで迫った。サングレーザーは4着、ステファノスは最下位の9着。

香港ヴァーズ(2400メートル芝)ではリスグラシューが首差の2着に惜敗。クロコスミアは10着だった。

香港マイル(1600メートル芝)はヴィブロスが2着、ペルシアンナイトが5着、モズアスコットが7着。香港スプリント(1200メートル芝)のファインニードルは8着だった。

日本中央競馬会(JRA)が発売した馬券の売り上げは4レース合計で31億1千万9900円だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第68回フジテレビ賞スプリングステークス(17日・中山11R1800メートル芝16頭、G2)10番人気のエメラルファイト(石川裕紀人騎乗)が1分47秒8で優勝し、重賞初勝利を挙げた。
 中団で脚をため …続き (17日 17:06)

 第67回阪神大賞典(17日・阪神11R3000メートル芝11頭、G2)1番人気のシャケトラ(戸崎圭太騎乗)が3分6秒5で優勝した。天皇賞・春の優先出走権を獲得。
 シャケトラは最後の直線で力の違いを見 …続き (17日 16:57)

 第33回フラワーカップ(16日・中山11R1800メートル芝13頭、G3)2番人気のコントラチェック(丸山元気騎乗)が1分47秒4で優勝し、重賞初制覇を飾った。
 好スタートを切ったコントラチェックは …続き (16日 17:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]