/

宇野、逆転で初優勝 フリーで世界最高得点

四大陸フィギュア

【アナハイム=共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権第3日は9日、米アナハイムで行われ、男子は昨年の平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)がショートプログラム(SP)4位で迎えたフリー1位で逆転し、合計289.12点で初優勝した。

フィギュアスケートの四大陸選手権で逆転優勝し、金メダルを手に笑顔の宇野昌磨(9日、米アナハイム)=共同

フリップ、トーループの2種類計3度の4回転ジャンプを決めたフリーは197.36点となり、羽生結弦(ANA)の190.43点を上回るルール改正後の世界最高。

昨年覇者の金博洋(中国)が合計273.51点で2位、SP1位のビンセント・ゾウ(米国)が272.22点で3位。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は251.54点で7位、友野一希(同大)は206.41点で12位だった。

前日に女子は紀平梨花(関大KFSC)が初制覇し、日本勢の男女同時優勝は2014年の男子の無良崇人、女子の村上佳菜子以来5年ぶり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン