/

リーチ主将「インパクト残せた勝利」 一夜明け会見

ラグビー日本「メンタリティーと自信が勝因」

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、優勝候補の一角アイルランドを19-12で破る大金星を挙げた日本代表が29日、試合から一夜明けて浜松市内で記者会見し、リーチ・マイケル主将(東芝)は「多くの人にインパクトを残せた。勝利はとても良かったが、切り替えてサモア戦に向けてどうやって勝つか準備している」と喜びに浸らず、早くも次戦へ視線を向けた。

途中出場したリーチは「勝ちたいというメンタリティーと、勝てるという自信が一番の勝因」と振り返った。

1次リーグA組の日本は体を張った防御で粘り強く試合を進め、後半に途中出場のWTB福岡堅樹(パナソニック)が逆転のトライを奪った。2連勝の勝ち点9で同組首位に立ち、初の8強入りに向けて前進した。

1次リーグは20チームが4組に分かれ、各組2位までが準々決勝に進む。日本は10月5日に豊田スタジアムでサモアと、13日に日産スタジアムでスコットランドと顔を合わせる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン