スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

リオ銅の近藤2連覇、永瀬はV4 柔道の全日本選抜体重別

2017/4/2 17:58
共有
保存
印刷
その他

 世界選手権(8~9月・ブダペスト)代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本選抜体重別選手権最終日は2日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、女子48キロ級はリオデジャネイロ五輪銅メダルで21歳の近藤亜美(三井住友海上)が決勝で渡名喜風南(帝京大)に延長の末、大外刈りで一本勝ちし、2年連続3度目の優勝を果たした。

全日本体重別柔道最終日、女子48キロ級決勝 渡名喜風南(左)を破った近藤亜美(2日、福岡国際センター)=共同

全日本体重別柔道最終日、女子48キロ級決勝 渡名喜風南(左)を破った近藤亜美(2日、福岡国際センター)=共同

 男子81キロ級はリオ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)が4連覇を達成。同90キロ級でリオ五輪金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は1回戦で右肩を痛め、試合中に棄権した。向翔一郎(日大)が初制覇した。

 男子100キロ超級は王子谷剛志(旭化成)が初優勝した。リオ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)は準決勝で敗退。100キロ級はウルフ・アロン(東海大)が決勝でリオ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)に優勢勝ちし、2連覇した。

 女子52キロ級は志々目愛(了徳寺学園職)が初優勝。16歳の阿部詩(兵庫・夙川学院高)は準決勝で屈した。同57キロ級は32歳の宇高菜絵(コマツ)が3年ぶり4度目の頂点に立った。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

初防衛戦が決まり、笑顔でポーズを取るWBCライトフライ級王者の拳四朗(19日、東京都内)=共同

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)が10月22日に東京・両国国技館で元同級王者ペドロ・ゲバラ(メキシコ)と初防衛戦を行うことが19日、発表された。25歳の王者は東京都 …続き (19日 23:15)

 【ロサンゼルス=共同】ボクシングで注目を集めた世界ミドル級タイトルマッチ12回戦が16日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、世界ボクシング評議会(WBC)など主要3団体の統一王者ゲンナジー・ゴロフキン( …続き (17日 19:54)

WBAミドル級タイトルマッチに向けて調整する村田諒太(15日、東京都新宿区の帝拳ジム)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチ(10月22日・両国国技館)で王者アッサン・エンダム(フランス)に挑む同級1位の村田諒太(帝拳)が15日、東京都内のジムで本格的なスパーリングを開始 …続き (15日 20:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]