/

アイスホッケー女子代表「平昌よりいいチームを」

2022年北京冬季五輪の出場権を4月に獲得したアイスホッケー女子日本代表が4日、合宿を行っている北海道苫小牧市でオンラインによる取材に応じ、3大会連続出場を目指す37歳のFW久保英恵(西武)は「チーム全体でレベルアップし、前回の五輪よりいいチームを見せられるようにしたい」と語った。

前年に最終予選を勝ち抜いて本大会にたどり着いた14年ソチ、18年平昌五輪と異なり、今回は世界ランキングで出場権を初めて獲得した。過去2大会で主戦を務めたGK藤本那菜は「最終予選なしで決まったのはメダル獲得への強化の意味でプラス」と約2年の準備期間に目を向けた。

新型コロナウイルスの影響で合宿は3月以来。今後も対外試合や海外遠征の制限などが懸念される。飯塚祐司監督は「体づくりなど、この時期にできることをしっかりやっていきたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン