/

稲森2年ぶり2度目V ゴルフ日本OP、2位に谷原

日本オープン選手権最終日(18日・千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)2位から出た稲森佑貴が2バーディー、1ボギーの69で回り、通算5アンダーの275で逆転優勝した。2018年大会以来2度目の優勝で、ツアー通算も2勝。賞金3150万円と5シーズンのシードを獲得した。

最終日、通算5アンダーで逆転優勝した稲森佑貴(18日、紫CCすみれ)=共同

首位から71と落とした谷原秀人が1打差の2位。さらに1打差の3位に11位から65と追い上げた石川遼、69だった内藤寛太郎が入った。河本力(日体大)と杉原大河(東北福祉大)が通算2アンダーの5位でベストアマチュア。プロ初戦の金谷拓実は1アンダーの7位だった。

河本は第3ラウンドで「誤所からのプレー」があったと判定され、2打の罰を加えて通算2アンダーの3位から出た。(出場60選手=アマ8、晴れのち曇り、気温17.1度、北北西の風1.7メートル、無観客)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン