2019年9月22日(日)

その他スポーツ

谷川翔2連覇、女子は寺本が4年ぶり優勝 全日本体操

2019/4/28 15:58
保存
共有
印刷
その他

体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は28日、群馬県の高崎アリーナで決勝が行われ、男子は20歳の谷川翔(順大)が首位だった予選との合計170.265点を出し、史上最年少優勝を飾った昨年に続いて2連覇した。

男子個人総合で2連覇を果たした谷川翔(中)。左は2位の萱和磨、右は3位の武田一志

男子個人総合で2連覇を果たした谷川翔(中)。左は2位の萱和磨、右は3位の武田一志

萱和磨(セントラルスポーツ)が0.937点差で2位、武田一志(徳洲会)が3位。昨年2位の白井健三(日体大大学院)は161.463点で30位だった。

女子は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪代表で23歳の寺本明日香(ミキハウス)が予選との合計111.998点をマークし、4年ぶり2度目の日本一。昨年の世界選手権銀メダリストで4連覇を狙った村上茉愛(日体ク)が1.167点差で2位、畠田瞳(セントラルスポーツ)が3位となった。

全日本の得点を持ち点に争われるNHK杯(5月18、19日・武蔵野の森総合スポーツプラザ)で男子は上位の3人、女子は4人が世界選手権代表となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子59キロ級 ジャークで126キロに成功した安藤美希子(21日、パタヤ)=共同

 【パタヤ(タイ)=共同】重量挙げの世界選手権第4日は21日、タイのパタヤで行われ、女子59キロ級の安藤美希子(FAコンサルティング)はスナッチ96キロ、ジャーク126キロのトータル222キロで、5位 …続き (0:33)

団体総合の演技を終え、笑顔で写真に納まる日本代表の「フェアリージャパン」。(左から)横田葵子、松原梨恵、鈴木歩佳、杉本早裕吏、竹中七海、熨斗谷さくら(21日、バクー)=共同

 【バクー=共同】新体操の東京五輪予選を兼ねた世界選手権第6日は21日、バクーで団体総合が行われ、昨年5位の日本(松原、杉本、竹中、鈴木、横田、熨斗谷)はフープ・クラブで29.000点、ボールで29. …続き (0:04)

 【シンガポール=共同】自動車F1シリーズ第15戦、シンガポール・グランプリ(GP)は21日、シンガポールで予選が行われ、レッドブル・ホンダ勢はマックス・フェルスタッペン(オランダ)が4番手、アレクサ …続き (21日 23:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。