「人が吹き飛ばされた」、最新アートの街騒然 NYで爆発

2016/9/18 12:16
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】「人が吹き飛ばされていた」。週末で住民や観光客らでにぎわう最新アートの街に爆発音が響き渡った。米ニューヨークの中心マンハッタンで17日夜に起きた爆発。現場近くはパトカーが集まり騒然とした雰囲気に。目撃者は地元テレビの電話取材に緊張した様子で当時を振り返った。

爆発が起きたのは、骨董店や洗練されたギャラリーが集まり、最新アートの発信地とされるチェルシー地区。マンハッタンの中でも上品なたたずまいで知られ、人気の観光地の一つだ。

爆発を目撃した女性は「ガス爆発かと思ったけど、臭いがしないから変だと感じた」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]