/

日本ハム、ロッテ3連戦も中止 安全確保まで1軍活動停止

プロ野球は2日、臨時実行委員会を開き、日本ハムで計10人の新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、3~5日に千葉市のZOZOマリンスタジアムで予定していたロッテ―日本ハム3連戦を中止すると決めた。日本ハムは保健所の指示を受け、濃厚接触者の特定などに時間がかかるため、安全が確保されるまで1軍のチーム活動を停止し、練習も行わない。

2日の札幌ドームでの西武戦も中止になっており、計4試合が中止となる。新型コロナの感染者が出たことによる昨季の公式戦中止は8月2日のソフトバンク―西武の1試合だけだった。

日本ハムは4月30日に中島卓也内野手、西川遥輝外野手、清水優心捕手の感染が判明。1軍の選手や監督、コーチ、スタッフ全員にPCR検査を行った結果、1日にロニー・ロドリゲス内野手、高浜祐仁内野手、今川優馬外野手、郡拓也捕手の4選手も陽性と判定され、飯山裕志内野守備コーチとチームスタッフの2人も陽性となった。飯山コーチは昨年に続き2度目の感染。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン