/

レイズがサヨナラで2勝2敗 Wシリーズ、筒香は代打で三振

【アーリントン=共同】米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は24日、アーリントンで第4戦が行われ、筒香が所属するレイズ(ア・リーグ)はドジャース(ナ・リーグ)に8-7で逆転サヨナラ勝ちし、2勝2敗のタイに戻した。

ドジャース戦の7回、本塁打を放つレイズのキーアマイヤー(24日、アーリントン)=共同

6-7の九回2死一、二塁からフィリップスの同点適時打に失策が絡み、一走も生還。両軍計6本塁打、25安打の乱打戦を制した。筒香は九回に代打で空振り三振に終わった。

第5戦は25日(日本時間26日)に実施される。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン