/

飛び込み、13歳玉井がW杯出場確実 代表選考会1位

飛び込みの東京五輪最終予選を兼ねるワールドカップ(W杯=4月・東京)の代表選考会最終日は9日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子高飛び込みは13歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が458.05点で1位となり、2位の西田玲雄(近大)とともに派遣参考基準を突破してW杯代表を確実にした。

男子高飛び込みで1位の玉井(9日)

女子板飛び込みは東京五輪代表の三上紗也可(米子DC)が320.50点で制した。ペアで争うシンクロ板飛び込みを制した榎本遼香(栃木DC)も派遣参考基準を上回る309.60点で2位に入り、個人でも代表入りが有力となった。親子3世代での五輪代表入りを目指す16歳の金戸凜(セントラルスポーツ)は4位で、東京五輪出場の可能性がほぼ消滅した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン