/

DeNA今永、テニスボールで調整 術後の経過は順調

昨年10月に左肩の手術を受けたDeNAの今永昇太投手が10日、神奈川県横須賀市の球団施設でリハビリを行い、ネットスローを再開していることを明らかにした。悪化しないように細心の注意を払い「数カ月投球していなかったので、いきなり硬球を投げるより、テニスボールを投げている」と説明した。

術後の経過は順調のようで、今月中にはキャッチボールを再開する予定。2月のキャンプで全力投球ができる状態を目指す。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン