/

全日本大学駅伝、東洋大が初優勝 2位青学大

初優勝を果たした東洋大のアンカー・上村和生(1日、伊勢神宮)=共同

全日本大学駅伝は1日、名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間、106.8キロに27チーム(オープン参加2を含む)が出場して行われ、東洋大が5時間13分4秒で初優勝した。10月に出雲全日本大学選抜駅伝を制した青学大が1分4秒差で2位。史上初の5連覇を狙った駒大は3位に終わった。

東洋大は服部勇馬、弾馬の兄弟が1、2区でそれぞれ区間賞を獲得する好スタート。中盤は青学大との競り合いが続いたが、7区で引き離して逃げ切った。

4位は早大、5位は東海大。6位に入った明大までが来年のシード権を獲得した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン