/

鈴木優磨が今季4点目 海外サッカー、遠藤渓太は負傷交代

【ベルリン=共同】サッカーの海外各リーグは7日、各地で行われ、ドイツ1部でウニオン・ベルリンの遠藤渓太はビーレフェルト戦で加入後初先発し、前半3分に先制点となる初ゴールを決めた。しかし、2-0の同20分に負傷交代した。チームは5-0で快勝。ビーレフェルトの堂安律は後半37分までプレーした。

前半、競り合うウニオン・ベルリンの遠藤渓(左)とビーレフェルトの堂安(7日、ベルリン)=共同

遠藤航のシュツットガルトは、長谷部誠と鎌田大地の所属するアイントラハト・フランクフルトと2-2で引き分けた。遠藤航と長谷部はフル出場し、鎌田は後半42分に交代で退いた。イタリア1部でサンプドリアの吉田麻也は0-2で敗れたカリャリ戦にフル出場。

ゲンク戦の前半、ゴールを決め喜ぶシントトロイデンの鈴木優(7日、シントトロイデン)=共同

セルビア1部、パルチザンの浅野拓磨はスパルタク戦で前半34分に先制点を決めた。今季リーグ戦7点目。後半40分まで出場し、チームは2-1で競り勝った。ベルギー1部でゲンクの伊東純也は2-1で勝ったシントトロイデン戦にフル出場し、先制点をアシスト。シントトロイデンの鈴木優磨はフル出場して今季4点目を挙げ、GKシュミット・ダニエルもフル出場した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン