/

空手の形男子、喜友名が史上最多タイ8連覇 全日本選手権

空手の全日本選手権最終日は8日、群馬県の高崎アリーナで行われ、形で東京五輪の代表に確定している男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が史上最多に並ぶ8連覇、女子の清水希容(ミキハウス)が7連覇をそれぞれ達成した。

優勝トロフィーを手にする(左から)形男子の喜友名諒、組手男子の五明宏人、形女子の清水希容、組手女子の斉藤綾夏(8日、高崎アリーナ)=共同

体重無差別で争う個人組手の女子は、決勝で斉藤綾夏(AGP)が2018年世界選手権銀メダルの植草歩(JAL)を6-4で破って初優勝。植草は4連覇でストップ。同男子は五明宏人(ALSOK)が初優勝した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン