/

インティ、7連勝でG1初V 競馬のフェブラリーS

第36回フェブラリーステークス(17日・東京11R1600メートルダート14頭、G1)1番人気のインティ(武豊騎乗)が1分35秒6で逃げ切って優勝、G1初制覇を7連勝で飾るとともに、1着賞金1億円を獲得した。

第36回フェブラリーステークスを制した武豊騎乗のインティ(6)。左は2着のゴールドドリーム(17日、東京競馬場)=共同

武騎手は2017年の有馬記念以来のG1勝利で、このレース5勝目。野中賢二調教師はG1初勝利。

日本中央競馬会(JRA)所属の女性ジョッキーでG1に初騎乗した藤田菜七子騎手のコパノキッキング(4番人気)は最後方を追走し、最後の直線で大外から追い上げて5着に入った。

2番人気で一昨年優勝のゴールドドリームが首差の2着、8番人気のユラノトが3着だった。

払戻金は単勝が260円、枠連は(3)―(4)で410円、馬連は(3)―(6)で430円、馬単は(6)―(3)で750円、3連複は(2)―(3)―(6)で2310円、3連単は(6)―(3)―(2)で6620円、ワイドは(3)―(6)が230円、(2)―(6)が1100円、(2)―(3)が760円。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン