/

巨人・高橋「思ったより良かった」 故障後初の投球練習

巨人の2年目の高橋優貴投手が5日、川崎市のジャイアンツ球場で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため報道陣に非公開で行われた練習に参加し、3月に左肘痛で離脱してから初めて投球練習を行った。約20球を投げ、球団広報を通じて「故障後、初めてブルペンで投げた。自分の中では思ったより良かったので、ほっとしている」とコメントした。

昨季は18試合に登板して5勝7敗、防御率3.19をマークし、クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズでも登板して経験を積んだ。飛躍が期待される今季へ「この期間を有効に使って、早く1軍に戻れるように頑張りたい」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン