/

巨人4選手コロナ陽性 中島・丸・若林・ウィーラー、症状なし

(更新)
巨人の中島宏之内野手(左)、丸佳浩外野手

プロ野球巨人は4日、中島宏之内野手(38)、丸佳浩外野手(31)、若林晃弘内野手(27)、ゼラス・ウィーラー内野手(34)の4選手が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。球団によると全選手とも発熱などの症状はないという。

巨人は3日に1軍選手、監督、コーチ、スタッフ101人を対象に検査を行い、同日夜に中島、丸の両選手の陽性が判明。若林内野手は再検査が必要とされ、4日に受けた検査で陽性が確定した。陽性者が出たことで4日に改めて1軍の選手らを検査したところ、ウィーラー選手が新たに陽性と判定されたため、ヤクルト戦の出場メンバーから急きょ外した。

1軍の選手らは5日に再度、検査を受けた上で6日から兵庫県西宮市の甲子園球場で行われる阪神戦を戦う予定。

球団は陽性者との接触状況を調査し、亀井善行外野手(38)、増田大輝内野手(27)、北村拓己内野手(25)の3選手とトレーナーや通訳などスタッフ7人の計10人をチームから隔離した。10人は検査では陰性と判定されているという。

4日に仙台市で予定されていた2軍のイースタン・リーグ、楽天―巨人はチーム編成が困難なために中止となった。

3日にデーゲームで行われたヤクルト戦には北村内野手を除く6人が出場した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン