スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

朝乃山「横綱・大関に」 春場所に向け母校で稽古

2020/2/23 14:40
保存
共有
印刷
その他

大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)で大関昇進が懸かる関脇朝乃山や、1月の初場所で幕尻優勝を果たした平幕徳勝龍らが23日、母校の大阪府東大阪市の近大で相撲部の後輩たちと合同稽古を行った。

母校近大で後輩の学生に稽古をつける朝乃山=奥(23日、大阪府東大阪市)=共同

母校近大で後輩の学生に稽古をつける朝乃山=奥(23日、大阪府東大阪市)=共同

同相撲部で監督を務めた伊東勝人さんが1月に急死した。力士たちは遺影に手を合わせてから、ぶつかり稽古で胸を出すなどして精力的に稽古をつけた。朝乃山は「近大に来たら監督にあいさつして稽古だった。写真(遺影)しかなく寂しかった。しっかり前に進んでいかないといけない。恩返しをするには横綱、大関になることだと思う」と決意を語った。

33歳の徳勝龍は一番一番に目を凝らし、熱心に学生にアドバイスを送った。「若さをもらえて、頑張らないといけない気持ちになった。学生は動揺があると思う。僕らOBができるだけ力になりたい」と力を込めた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

稽古を再開した新大関朝乃山(30日、東京都墨田区の高砂部屋)=代表撮影・共同

 大相撲の新大関朝乃山が30日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古を再開し、看板力士として本格始動した。「目標とされる大関になりたい。もう一つ上を目指すには稽古に加え、精神面を強くしないと上がれない」と横綱 …続き (30日 11:20)

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、元幕内の幕下蒼国来(36)=本名エンクー・トプシン、中国出身=が同日付で引退し、年寄「荒汐」を襲名して部屋を継承することを承認した。
 相撲協会に …続き (26日 21:15)

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念される夏場所(5月10日初日・国技館)の開催形式について話し合い、継続審議とした。
 春場所と同様の無観客や …続き (26日 21:11)

ハイライト・スポーツ

[PR]