/

ロンドン五輪金の松本、第一線退く意向 講道館杯で初戦敗退

柔道の講道館杯全日本体重別選手権の1回戦で敗退し、一礼する松本薫選手(4日午前、千葉市の千葉ポートアリーナ)=共同

2012年ロンドン五輪柔道女子57キロ級金メダリストで、昨年6月に第1子を出産した松本薫選手(31)=ベネシード=が4日、第一線から退く意向を示した。講道館杯全日本体重別選手権の1回戦で敗退し「あまり悔しくはない。勝負師とは懸け離れたステージにいるのかな」と語った。

講道館杯は来年の世界選手権(東京)代表第1次選考会を兼ねており、代表入りは極めて厳しい状況。松本選手は「決勝まで上がらなければ、今後の道を考えないといけないと思っていた」と明かした。世界選手権は20年東京五輪に向けても重要な位置付けとなり「きょう負けたので、東京五輪はゼロパーセント」と絶望的になったとの認識を示した。

今後は日本代表としてではない形で現役を続ける道もあり、引退の可能性については五分五分とした。家族や所属先と協議して決めるという。

石川県出身の松本選手は闘志むき出しのスタイルから「野獣」の異名で親しまれ、10年と15年の世界選手権も制覇した。3位だった16年リオデジャネイロ五輪後に休養し、結婚と出産を経て今年6月に実戦復帰。「ママでも野獣」との気迫で「子どもを産んでも(柔道は)できるという形を少しでも残せれば」と、育児と競技の両立に取り組んできた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン