/

藤枝順心が2大会ぶり優勝 全日本高校女子サッカー

作陽―藤枝順心 前半40分、先制ゴールを決め喜ぶ藤枝順心・青木=右(7日、神戸ユニバー)=共同

サッカーの全日本高校女子選手権最終日は7日、神戸市の神戸ユニバー記念競技場で決勝が行われ、藤枝順心(静岡)が作陽(岡山)を2-0で下し、2大会ぶり3度目の優勝を果たした。

藤枝順心は前半終盤に素早い攻めから青木のゴールで先制し、同終了間際には好パスに反応した並木が加点した。初の決勝を戦った作陽は序盤にセットプレーから好機をつくったが、最後まで集中を切らさなかった相手守備を崩せなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン