プロ野球

川上が現役引退を表明 元中日エース、セMVP

2017/3/19 14:57
共有
保存
印刷
その他

 プロ野球の中日でエースを務め、米大リーグのブレーブスにも所属した川上憲伸投手(41)が19日、現役引退を表明した。名古屋でテレビ番組に出演し「ユニホームを脱ぐ決意をした」と語った。2015年9月に右肩を手術し、同年に中日を退団。その後は無所属のまま復帰を目指してリハビリとトレーニングを積んでいた。

 番組では「すっきりした。重い荷が下りた。でも寂しい」と率直な思いを吐露。理由については「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での選手のガッツや投球を見て自信がなくなった」と説明した。今後はこれまで同様、野球評論家として活動する。

 川上投手は徳島商高から明大を経てドラフト1位で1998年に中日入り。2004年は17勝で最多勝に輝き、セ・リーグ優勝に貢献。沢村賞と最優秀選手(MVP)も受賞した。08年オフにフリーエージェント(FA)でブレーブス入りし、8勝(22敗)を挙げた。12年から中日に戻った。日本での通算成績は275試合登板で117勝76敗1セーブ。

 中日によると今のところ引退セレモニーなどの予定はないという。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回ソフトバンク無死、内川が左越えに同点となる4試合連続の本塁打を放つ(21日、ヤフオクドーム)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は21日、ヤフオクドームでパ・リーグの第4戦が行われ、2年ぶりにリーグを制したソフトバンクが3位から勝ち上がった楽天を4―3で下 …続き (17:38)

CSファイナル第4戦が雨で順延となり、引き揚げる広島ファン(21日、マツダ)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは21日、マツダスタジアムで予定されていたセ・リーグの第4戦、広島―DeNAが雨天のために中止となった。広島は第3戦まで1勝2敗だが、広島に …続き (13:09)

 しびれる継投だった。六回、先発の井納が1死一、二塁のピンチを迎えると、DeNAベンチは矢継ぎ早に投手を繰り出した。4番バティスタにはまず三上。二飛に仕留めると、松山に左腕の砂田を当てた。
 砂田が四球 …続き (20日 22:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]