/

全日本重量挙げ、持田が日本新で優勝 男子109キロ級

重量挙げの全日本選手権最終日は13日、新潟県津南町のニュー・グリーンピア津南体育館で行われ、男子は109キロ級で東京五輪出場を目指す持田龍之輔(ALSOK)がスナッチ、ジャーク、トータル全てで日本新となるスナッチ179キロ、ジャーク222キロのトータル401キロで優勝した。109キロ超級は知念光亮(いちご)が制した。

男子109キロ級 ジャークで222キロに成功した持田龍之輔(13日、ニュー・グリーンピア津南体育館)=共同

女子87キロ級は森下伊万里(ジェイテクト)がトータル227キロで勝った。87キロ超級はエントリーがなく実施されなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン