/

世界競泳、代表25人固まる 女子400リレーに山根ら

競泳の世界選手権(7月・ブダペスト)のリレー代表選考会を兼ねた和歌山選手権が11日、和歌山市の秋葉山公園県民水泳場で行われ、女子100メートル自由形は山根優衣(セントラルスポーツ)が54秒90で1位となり、五十嵐千尋(日体大)、青木智美(アリーナつきみ野SC)とともに世界選手権女子400メートルリレーの代表入りを決めた。

男子100メートル自由形は松元克央(セントラルスポーツ)が49秒44で1位。2位の古賀淳也(第一三共)と世界選手権男子400メートルリレー代表となった。これで世界選手権代表の全25人が固まった。

同選手権への調整のため、萩野公介(ブリヂストン)は100メートルと400メートルの自由形に出場し、それぞれ4位と1位。瀬戸大也(ANA)は100メートルバタフライで2位、50メートル平泳ぎで1位だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン