スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

テイエムオペラオー死ぬ G1最多タイの7勝

2018/5/20 15:47
保存
共有
印刷
その他

日本中央競馬会(JRA)は20日、史上最多タイの中央G1で7勝を挙げたテイエムオペラオーが、17日に種牡馬として繋養されていた北海道新冠町の白馬牧場で、心臓まひのため死んだと発表した。22歳だった。

同馬は1999年の皐月賞でG1初制覇。2000年には天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念を勝つなどG1の5勝を含む重賞8戦全勝を記録し、年度代表馬に選ばれた。01年の有馬記念を最後に引退し、種牡馬生活を送っていた。04年には競馬殿堂入りした。

通算成績は26戦14勝。JRA獲得賞金の18億3518万9千円は、昨年末に引退したキタサンブラック(18億7684万3千円)に抜かれるまでは歴代最多だった。全26戦に騎乗した和田竜二騎手は「突然のことで驚いており、大変ショックです。元気なうちに会いに行きたかったが、なかなか機会がなくて。これからは天国から見守ってほしいと思う」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第5回ターコイズステークス(14日・中山11R1600メートル芝16頭、G3)3番人気のコントラチェック(クリストフ・ルメール騎乗)が1分32秒2で優勝し、重賞2勝目を飾った。
 コントラチェックはダ …続き (14日 16:39)

 第71回朝日杯フューチュリティステークス(15日・阪神11R1600メートル芝16頭、G1)枠順が13日に決まり、デビューから2連勝で、G3のサウジアラビアロイヤルカップを勝っているサリオスは(3) …続き (13日 9:27)

 競馬の有馬記念(22日、G1)にファン投票1位で選出されたアーモンドアイの同レース出走が正式に決まり、11日は騎乗するクリストフ・ルメール騎手を背に美浦トレーニングセンターで1週前追い切りを行った。 …続き (11日 14:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]