2019年9月18日(水)

その他スポーツ

二岡が日本人最高の4位 別府大分毎日マラソン

2019/2/3 17:17
保存
共有
印刷
その他

2時間9分15秒で日本勢最高の4位となった二岡康平(3日、大分市営陸上競技場)=共同

2時間9分15秒で日本勢最高の4位となった二岡康平(3日、大分市営陸上競技場)=共同

2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権が懸かる別府大分毎日マラソンは3日、大分市高崎山うみたまご前から大分市営陸上競技場までの42.195キロで行われ、二岡康平(中電工)が2時間9分15秒で日本勢最高の4位となり、MGC出場を決めた。ヒシャム・ラクーアヒ(モロッコ)が2時間8分35秒で優勝した。

5位の橋本崚(GMO)、6位の岩田勇治(MHPS)が2時間9分台でゴールし、ともにMGC出場権を獲得。男子の資格者は計24人となった。昨年2位の園田隼(黒崎播磨)は2時間10分39秒で8位に終わった。

視覚障害の部は男子が堀越信司(NTT西日本)、女子は道下美里(三井住友海上)が優勝した。(スタート時晴れ、気温13度、湿度65%、北西の風1.2メートル)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 マラソンの東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で優勝し、代表切符をつかんだ前田穂南(天満屋)が18日、岡山市にある所属先で記者会見に臨み、来夏の五輪へ「世界で戦え …続き (12:21)

 バドミントンの中国オープンは17日、中国の常州で行われ、男子シングルス1回戦で世界選手権2連覇の桃田賢斗(NTT東日本)が2008年北京、12年ロンドン両五輪覇者の林丹(中国)を2―0で下した。女子 …続き (0:22)

陸上の世界選手権に向けた壮行会に出席し、意気込みを語る小池祐貴(17日、東京都新宿区)=共同

 日本陸連は17日、東京都内で世界選手権(27日開幕・ドーハ)に向けた壮行会を開き、男子100メートルで7月に9秒98をマークした小池祐貴(住友電工)は「自分の走りができれば、決勝(進出)は難しいこと …続き (17日 20:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。