/

ボート女子軽量級、冨田が1位 五輪候補選考レース

ボートの日本代表候補選考レース最終日は22日、埼玉県戸田市の戸田漕艇場で行われ、女子軽量級シングルスカル決勝は冨田千愛(福井県スポーツ協会)が1位、大石綾美(アイリスオーヤマ)山領夏実(デンソー)上田佳奈子(明治安田生命)が2~4位に入った。

女子軽量級シングルスカル決勝レースを終え、笑顔でポーズをとる1位の冨田千愛(左)と2位の大石綾美(22日、戸田漕艇場)=共同

同男子決勝は武田匡弘(関西電力)が制し、宮浦真之(NTT東日本)西村光生(アイリスオーヤマ)古田直輝(NTT東日本)が続いた。1~4位の男女は28日から熊本県で行われる、軽量級ダブルスカルの代表クルー決定レースに臨む。

クルー決定レースは28日に今回の1、2位組と3、4位組によるレースが行われ、1、2位組が勝てば、東京五輪の枠取りを目指す軽量級ダブルスカルの代表候補に決まる。3、4位組が勝てば29、30日に残る全ての組み合わせでレースを実施する予定。日本ボート協会は27日までに詳細を発表するとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン