2019年1月19日(土)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

田子ノ浦部屋が土俵開き 稀勢の里「ここで一皮」

2014/12/14付
保存
共有
印刷
その他

大相撲の大関稀勢の里らが所属する田子ノ浦部屋が14日、東京都江戸川区に新築した部屋の土俵開きを行い、稀勢の里は「ここで何とかして一皮でも二皮でもむけないといけない」と誓った。

土俵祭りに続く二所ノ関一門の連合稽古で、稀勢の里は大関琴奨菊らと汗を流した。新しい環境での初稽古を終え「今回を良いきっかけにして来年に向かいたい」と伸び悩む現状の打破へと意気込んだ。

田子ノ浦部屋は田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が昨年12月下旬に年寄「鳴戸」から名跡変更し、千葉県松戸市の部屋を離れた。新部屋完成まで東京都墨田区の旧三保ケ関部屋に仮住まいしていた同親方は「やっとスタートが切れた。稀勢の里には、ここで横綱土俵入りをしてもらいたい」と張り切っていた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲の西小結御嶽海(26)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が初場所7日目の19日、休場することが決まった。初黒星を喫した6日目の小結妙義龍戦で左膝付近を負傷。師匠の出羽海親方(元幕内小城ノ …続き (10:46)

 大相撲初場所6日目の18日、西小結御嶽海(26)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が初黒星を喫した東小結妙義龍戦で左膝を負傷した。東京都内の病院で検査を受けた御嶽海は松葉づえをつき「大丈夫です …続き (18日 21:18)

白鵬(左)が正代を寄り切りで下す(18日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所6日目(18日・両国国技館)右足負傷の鶴竜の休場で一人横綱となった白鵬は平幕正代を力強く寄り切り、6連勝とした。
 2大関はともに白星。高安は錦木を寄り切り、星を五分に戻した。豪栄道は松鳳 …続き (18日 19:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]