/

井上尚弥、7回KOで防衛 バンタム級世界戦

【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級タイトルマッチ12回戦が10月31日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、WBA、IBF統一王者の井上尚弥(27)=大橋=が、挑戦者でWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=を7回2分59秒KOで下した。スーパー王者に昇格しているWBAは4度目、IBFは2度目の防衛成功。

WBA、IBFバンタム級世界戦で、ジェーソン・モロニー(左)を攻める井上尚弥(10月31日、米ラスベガス)=トップランク社提供・ゲッティ共同

「聖地」とされるラスベガスで初試合となった井上尚は6回に最初のダウンを奪い、7回にカウンターの右ストレートで倒した。初挑戦から続く世界戦の連勝を15に伸ばし、具志堅用高の14を抜いて日本単独最多。

新型コロナウイルスの影響で、4月に予定された世界ボクシング機構(WBO)王者との3団体統一戦が延期。再調整がつかずに相手が変更となり、昨年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝以来、約1年ぶりの試合だった。戦績は20戦全勝(17KO)、モロニーは23戦21勝(18KO)2敗。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン