その他スポーツ

園田、日本勢最高の2位 別府大分毎日マラソン

2018/2/4 16:46
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」の出場権が懸かる別府大分毎日マラソンは4日、大分市高崎山うみたまご前から大分市営陸上競技場までの42.195キロで行われ、園田隼(黒崎播磨)が2時間9分34秒で日本勢最高の2位となり、GC出場権を獲得した。

デスモンド・モクゴブ(南アフリカ)が2時間9分31秒で優勝。3位は2時間10分12秒で大塚祥平(九電工)だった。

園田は30キロ地点で先頭に立ったが、35キロ付近でモクゴブに追い付かれゴール直前に競り負けた。(スタート時晴れ、気温4度、湿度67%、北北西の風3.8メートル)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

協定締結後に記念撮影に応じる岡山市の大森市長(中央)ら(12日、岡山市)

 岡山市の大森雅夫市長は12日の記者会見で、ドミニカ共和国のバレーボール連盟と2020年の東京五輪に向けた女子チームの事前キャンプ実施で協定を結んだと発表した。ホストタウン相手国であるブルガリアのバド …続き (18:36)

報道陣に練習を公開後、取材に応じる東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(12日、千葉市)=共同

 東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(富士通)が12日、千葉市内での練習を報道陣に公開し、五輪の開催場所が札幌に変更されたことについて改めて複雑な心境を口にしつつ「気持ちを切り替えてやっていくだけ。基 …続き (18:21)

 世界バドミントン連盟(BWF)は12日、最新の世界ランキングを発表し、女子ダブルスで福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)が7月23日付ランキング以来の1位に返り咲いた。
 1位だった永原和可那 …続き (18:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]