/

八村6得点、ウィザーズの連勝止まる

【ロサンゼルス=共同】米プロバスケットボールNBAは10日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は敵地フェニックスでのサンズ戦に先発して24分41秒プレーし、6得点、7リバウンドだった。チームは106-134で敗れ、連勝は2でストップ。今季の成績は19勝33敗となった。

サンズ戦でチームメートのウエストブルックとタッチを交わすウィザーズの八村=右(10日、フェニックス)=NBAE提供・ゲッティ共同

ラプターズの渡辺雄太は敵地でのキャバリアーズ戦に途中出場して22分59秒プレーし、自己最多の14得点をマーク。チームは135-115で快勝し、21勝32敗。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン