/

西武・山川、日本選手最速の通算100号

西武の山川穂高内野手が12日、札幌ドームで行われた日本ハム9回戦で三回にバーベイト投手から左越えへ14号2ランを放ち、通算100本塁打を達成した。プロ野球291人目。通算321試合目での到達は秋山幸二(西武)の351試合を抜き、日本選手では史上最速となった。

3回、通算100本塁打を放ち、記念のボードを掲げる西武・山川(12日、札幌ドーム)=共同

初本塁打は2014年9月15日の楽天戦で辛島航投手から。昨季は47本塁打を放ち、初の本塁打王に輝いた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン