/

連覇狙う東海大、8区に小松起用 箱根駅伝区間エントリー

来年1月2、3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まり、総合連覇を狙う東海大は8区に前回大会で区間記録を塗り替えた小松陽平を再び起用した。山上りの5区には前回区間2位の西田壮志、2区には初出場となる塩沢稀夕を配置。主将の館沢亨次、阪口竜平はレース当日に交代可能な補欠で登録した。

2年ぶりの優勝を狙う青学大は前回10区で区間2位の鈴木塁人主将を3区に据え、前回9区トップだった吉田圭太は補欠で控える。

前回総合3位の東洋大は主将でエースの相沢晃に2区を託した。1区の西山和弥、6区の今西駿介は3年連続。出雲全日本大学選抜駅伝を制した国学院大は前回区間賞の浦野雄平が再び5区を担う。

補欠との入れ替えは4人まで認められる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン