/

鎌田が今季初ゴール、久保は途中出場 海外サッカー

【ブレーメン(ドイツ)=共同】サッカーの海外各リーグは3日、各地で行われ、ドイツ1部でアイントラハト・フランクフルトの鎌田大地がホッフェンハイム戦で0-1の後半9分に今季初ゴールを決めた。鎌田は後半42分に交代、同僚の長谷部誠はフル出場し、チームは2-1で勝った。

ビーレフェルトの堂安律は0-1で敗れたブレーメン戦の終了間際までプレー。ブレーメンの大迫勇也は出番がなかった。シュツットガルトの遠藤航は1-1で引き分けたレーバークーゼン戦にフル出場した。

スペイン1部でビリャレアルの久保建英はアトレチコ・マドリード戦で後半40分から5試合連続となる途中出場。試合は0-0で引き分けた。ウエスカの岡崎慎司は0-0で引き分けたエルチェ戦で左脚を痛め、前半40分に交代した。

ポルトガル1部でジル・ビセンテの藤本寛也はサンタクララ戦の後半24分に投入され、J2東京Vからの移籍後初出場を果たした。試合は0-0で引き分けた。ベルギー1部でゲンクの伊東純也は1-1で引き分けたワースランドベベレン戦にフル出場した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン