/

マラソン代表の一山が3位、前田9位 山陽女子ロード

陸上の山陽女子ロードは20日、岡山市のシティライトスタジアム発着で行われ、ハーフマラソンで東京五輪マラソン代表の一山麻緒(ワコール)は1時間10分17秒で日本勢トップとなる3位に入った。同代表の前田穂南(天満屋)は1時間10分39秒で9位だった

ハーフマラソンでゴールに向かう一山麻緒。日本勢トップの3位に入った(20日、シティライトスタジアム)=共同

ゼイトナ・フーサン(デンソー)が1時間9分24秒で優勝した。一山は序盤レースを引っ張り、15キロまで先頭集団で走ったが、突き放された。東京五輪マラソン代表補欠の小原怜(天満屋)は23位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン