/

楽天・梨田新監督が始動 「いいところ引き出す」

楽天の梨田昌孝新監督が18日、コボスタ宮城で行われた秋季練習で始動した。ユニホームは着なかったものの、チームのウエアに袖を通して約3時間半の練習を見届け「本当に一員になったのだなという思い」と感慨深げだった。

松井稼(右)に笑顔で声を掛ける楽天の梨田昌孝新監督(18日、コボスタ宮城)=共同

練習前には「必ず(勝率)5割くらいでいける。個々のいいところを引き出していくから一緒に頑張ろう」などと訓示。選手に個別に声を掛けながら「徐々に本当の性格、技量を見ていきたい」と精力的に動いた。

ブルペンでは則本、松井裕の投球練習を視察。「軸になってもらわないと困る」と期待感を示し、松井裕の先発再転向については「チーム事情もある。考えないといけない」と話した。

日曜ということもあってか、無料開放している客席には約1200人のファンが詰めかけた。新監督は「東北の方に親しんでもらいたい。ナッシーと呼んでもらえたら」と親しみやすさをアピール。胸の前で両手を合わせるラグビー日本代表、五郎丸のポーズを披露するサービス精神も見せ、大きな拍手を受けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン