/

川内が連覇、最多4度目V 防府読売マラソン

防府読売マラソンで2連覇を果たし、写真に納まる川内優輝(16日、防府市陸上競技場)=共同

防府読売マラソンは16日、山口県の防府市陸上競技場発着で行われ、川内優輝(埼玉県庁)が2時間11分29秒で2連覇を果たし、大会史上最多4度目の優勝を飾った。4月のボストン・マラソンを日本勢で31年ぶりに制してからは不振が続いたが、相性の良い今大会で実力を発揮した。

降りしきる雨の中、川内は39キロすぎでモンゴルのセルオド・バトオチル(NTN)らと競っていた先頭集団を抜け出し、最後は2位のバトオチルに43秒差をつけてゴールした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン