2019年1月16日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横綱鶴竜が春場所休場 左肩負傷、逸ノ城は不戦勝

2015/3/8付
保存
共有
印刷
その他

大相撲の東横綱鶴竜(29)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が春場所初日の8日、「左肩腱板損傷で約1カ月間の安静加療を要する」との診断書を日本相撲協会に提出して休場した。再出場はしない。初日の対戦相手だった幕内逸ノ城は不戦勝。

鶴竜の休場は平幕だった2008年九州場所以来で2度目。今場所の十両以上の休場は初めて。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

現役最後の土俵入りをする稀勢の里(15日、両国国技館)

 大相撲の横綱稀勢の里(32)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初場所4日目の16日、現役を引退することを決めた。2017年1月の初場所後に19年ぶりの日本出身の新横綱となったが、左上腕など …続き (8:46)

3連敗し、土俵際でぼうぜんとする稀勢の里

 何一ついいところなく栃煌山に俵の外に出されると、頭を垂れた稀勢の里は小さく小さくうなずいた。それは自身が置かれた現実を受け止め、一つの結論を出したようにも見えた。
 進退をかけた場所で連敗スタート。徳 …続き (15日 22:30)

初日から3連敗となり、支度部屋でうつむく稀勢の里(15日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所3日目(15日・両国国技館)進退が懸かる横綱稀勢の里は平幕栃煌山に寄り切られ、初日から3連敗で窮地に追い込まれた。昨年秋場所千秋楽から8連敗(不戦敗を除く)で、1場所15日制が定着した1 …続き (15日 19:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]