/

八村がキャンプ打ち上げ 8日にNBAオープン戦初戦

【ワシントン=共同】米プロバスケットボールNBAのウィザーズは5日、本拠地ワシントンの練習施設で5日間のキャンプを打ち上げた。ドラフト1巡目新人の八村塁は「いいキャンプが送れたと思う。攻撃では速攻に絡むところを見せられた」と納得の表情を浮かべた。

5対5の試合形式の練習では、積極的にリバウンドを取り、ミドルシュートを決めた。ブルックス監督は「彼は本当に真面目に練習に取り組む。ミドルシュートについても、いいものを持っている」と評価した。

7日(日本時間8日)には本拠地で、ニックスとのオープン戦初戦を迎える。八村は「ついに来たなという感じ。みんなも張り切っているし、すごく楽しみ」とデビューを待ち望んでいた。

マーベリックスのキャンプに参加している馬場雄大は、3点シュートを入念に繰り返した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン