2019年6月17日(月)

プロ野球

中日・松坂、故障後初の打撃投手 変化球交え35球

2019/5/19 15:16
保存
共有
印刷
その他

中日の松坂大輔投手が19日、ナゴヤ球場で練習し、2月のキャンプで右肩を故障して以降、初めて打撃投手を務めた。スライダーやカーブなど変化球も交えて35球を投げた。14日の投球練習再開に続いて復帰への準備が一つ進み「ストレートも変化球も、高めに浮くことがなかった。まずまずだったんじゃないですか」と手応えを口にした。

打撃投手を務める中日・松坂(19日、ナゴヤ球場)=共同

打撃投手を務める中日・松坂(19日、ナゴヤ球場)=共同

球種を捕手に口頭で伝えてから投げたため捉えられた打球もあったが、直球で押し込む場面もあった。今後の調整については「状態としてはまだまだ。もう少し打者に対して投げさせてもらいたい」と要望。2軍の門倉投手コーチは「指にかかったボールもかなりあった。チームとして明るいニュース」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回西武1死二塁、森が右中間に勝ち越し二塁打を放つ=共同

 西武とヤクルトはともに攻めは派手だが、失点数はそれぞれのリーグで目下ワーストだ。数字が表すとおりの、にぎやかな点の奪い合い。勝負の分かれ目は序盤にあった。
16日のプロ野球 結果と戦評

 二回無死、 …続き (16日 20:05)

7回3失点でリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた巨人・菅野(16日、札幌ドーム)=共同

【オリックス5―5阪神】阪神が5点差を追い付き、延長十二回引き分け。七回に大山の二塁打などで3点返し、九回2死から代打福留が2点二塁打を放った。延長に入ってドリスらがピンチをしのいだ。田嶋の快投も絡ん …続き (16日 19:07更新)

九回1死二、三塁、ロメロがサヨナラの左犠飛を放つ=共同

 最後は頼れる3番、4番が試合を決めた。オリックスは阪神との“関西ダービー”を2夜連続で終盤にひっくり返し、この日は歓喜のサヨナラ勝ち。逆転勝ちは3試合連続となり、西村監督は「選手全員が(試合は)最後 …続き (15日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]