/

八村が復帰戦で13得点 NBA、渡辺は3度目先発で11点

【ニューヨーク=共同】米プロバスケットボールNBAは8日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は敵地インディアナ州インディアナポリスでのペーサーズ戦で体調不良から3試合ぶりに復帰して先発し、34分56秒で13得点、6リバウンドだった。チームは延長戦を133-132で制した。

ペーサーズ戦でシュートを放つウィザーズの八村(8日、インディアナポリス)=NBAE提供・ゲッティ共同

ラプターズの渡辺雄太はグリズリーズ戦に自身3度目の先発を果たし、24分36秒で11得点、4リバウンドだった。チームは99-109で3連敗。

東カンファレンスでウィザーズは32勝36敗で9位、ラプターズは27勝41敗の12位。各カンファレンスの7~10位がプレーオフ進出決定戦に進む。両チームのレギュラーシーズンは残り4試合。

ウィザーズのウエストブルックは33得点、19リバウンド、15アシストで3部門が2桁の「トリプルダブル」が通算181度目となり、オスカー・ロバートソンが持つNBA記録に並んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン