/

トライアスロン、上田藍4年ぶりV 日本選手権

トライアスロンの日本選手権は8日、東京・お台場海浜公園周辺(26.35キロ=スイム0.75キロ、バイク20.6キロ、ラン5キロ)で行われ、女子は五輪3大会連続出場中の37歳、上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)が57分35秒で4年ぶり6度目の優勝を果たした。日本トライアスロン連合によると、上田は大会最年長優勝記録を更新。

17歳の中嶋千紗都(山梨学院高・チームケンズ山梨)が5秒差の2位に入った。3連覇を狙った高橋侑子(富士通)は5位に終わった。

男子は父がオーストラリア人のニナー・ケンジ(NTT東日本・NTT西日本)が51分9秒で初優勝した。3連覇が懸かった北條巧(博慈会・NTT東日本・NTT西日本)は2位だった。

新型コロナウイルスの影響で従来の51.5キロから距離を約半分に短縮。全選手、関係者は事前にPCR検査を受けて全員が陰性だった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン