/

冨安・吉田がフル出場、原口2得点 海外サッカー

【ミラノ(イタリア)=共同】サッカーの海外各リーグは16日、各地で行われ、イタリア1部(セリエA)でボローニャの冨安健洋はベローナ戦にフル出場し、チームは1-0で勝って9戦ぶりの勝利を挙げた。サンプドリアの吉田麻也は2-1で逆転勝ちしたウディネーゼ戦にフル出場した。

ザンクトパウリ戦の後半、自身2点目のゴールを決めるハノーバーの原口=左から2人目(16日、ハノーバー)=共同

ドイツ1部でシュツットガルトの遠藤航は2-2で引き分けたボルシアMG戦にフル出場。ビーレフェルトの堂安律はホッフェンハイム戦にフル出場し、試合は0-0で引き分けた。ブレーメンの大迫勇也は2-0で勝ったアウクスブルク戦で出場機会がなかった。

ドイツ2部でハノーバーの原口元気はザンクトパウリ戦で後半に2ゴールを決め、室屋成は1アシストした。チームは2-3で競り負けた。フランス1部でマルセイユの酒井宏樹は1-2で敗れたニーム戦で後半21分までプレー。長友佑都は出番がなかった。

オランダ1部でAZアルクマールの菅原由勢はデンハーグ戦にフル出場し、チームは2-1で逆転勝ち。ズウォレの中山雄太は0-2で敗れたシッタート戦の後半16分から出場し、ファンウェルメスケルケン際は同40分までプレー。ベルギー1部でゲンクの伊東純也は0-2で敗れたムスクロン戦にフル出場した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン