/

関東一がサヨナラ勝ち、5年ぶり8強 全国高校野球第11日

関東第一―中京大中京 9回裏関東第一1死、長嶋が左翼ポール際にサヨナラ本塁打を放つ(16日、甲子園)=共同

第97回全国高校野球選手権大会第11日は16日、甲子園球場で3回戦が行われ、秋田商と関東第一(東東京)が準々決勝に進出した。

秋田商は八回に同点とされたが、延長十回2死三塁から草彅が左前打を放ち、4-3で高崎健康福祉大高崎(群馬)を破った。1935年の第21回大会以来80年ぶりのベスト8。

関東第一は九回、長嶋の左翼ポール際への本塁打で中京大中京(愛知)に1-0でサヨナラ勝ちし、5年ぶりに8強入した。

第3試合は仙台育英(宮城)と花巻東(岩手)が対戦。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン