/

ソフトボールの上野が顔面骨折、打球受け入院 20年五輪代表

2008年北京五輪でソフトボールの金メダルにエースとして貢献した上野由岐子(36)=ビックカメラ高崎=が27日の試合で打球を受けて顔面骨折していたことが28日、分かった。チームの岩渕有美監督が同日、群馬県太田市内で記者会見し明らかにした。

岩渕監督によると、日本リーグ女子のデンソー戦で、ピッチャーライナーが左あごに当たった。上野は入院しており、全治は不明。手術することになるかどうかも未定という。

同監督によると、上野がマウンド上で打球が当たって負傷するのは初めてとみられる。「試合中に起きたことなので、防ぎようがないというのか、なんとも言えない気持ちだ」と話した。上野からは28日の試合前に「チームが勝つためにパワーを送っておきました」とのメールが届いたという。

3大会ぶりにソフトボールが五輪に復帰する20年東京五輪の日本代表で、上野は大黒柱として期待されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン