オリパラセレクト

フォローする

マラソン前田、自己ベストで2位 山陽女子ハーフ

2019/12/15 15:31
保存
共有
印刷
その他

陸上の山陽女子ロードは15日、岡山市のシティライトスタジアム発着で行われ、東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)は、ハーフマラソンで自己新記録の1時間9分8秒をマークして2位だった。シャーロット・パデュー(英国)が1時間8分45秒で優勝し、安藤友香(ワコール)は4位。小原怜(天満屋)は28位だった。

1時間9分8秒で2位の前田穂南(15日、シティライトスタジアム)=共同

1時間9分8秒で2位の前田穂南(15日、シティライトスタジアム)=共同

前田は序盤、集団の先頭でレースを引っ張った。13キロすぎで抜け出したパデューに引き離され、目標の1時間8分台と2連覇を逃したが、昨年の大会で出した自己記録を4秒更新。「去年に比べて絶好調ではなかった中で、いい収穫になった」と笑みをのぞかせた。

今大会が2019年のラストレース。来年8月8日の五輪本番に向けて、課題を再確認した様子で「速いスピードを維持して押していくことが必要。後半もハイペースで押していけるように、しっかりやっていきたい」と表情を引き締めた。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする
スポーツメーカーのイベントに参加した競泳男子の瀬戸大也(3日)=共同共同

 来夏の東京五輪で複数の金メダル獲得が期待される競泳男子の瀬戸大也(ANA)が3日、スポーツメーカーのイベントにオンラインで参加し、現状について「練習は再開しているが、身が入らず休んでしまう日もある。 …続き (8/3)

 陸上の女子マラソンで五輪2大会連続メダリストの有森裕子さんと、男子400メートル障害で日本記録を持つ為末大さんが3日、オンラインで行われた記者会見で、開催可否が割れる来夏の東京五輪への持論を語った。 …続き (8/3)

オンラインで記者会見するセーリング女子470級五輪代表の吉田愛(3日午後)=共同共同

 来年の東京五輪に向けて7月20日から五輪会場の神奈川・江の島で合宿しているセーリングの五輪代表選手たちが3日、オンラインで記者会見し、金メダル候補に挙げられる女子470級の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッ …続き (8/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]