/

マラソン川内「笑顔で帰国を」 世界陸上へ意気込み

陸上の世界選手権(8月4日開幕・ロンドン)に出場する日本男子マラソン代表らが30日、渡英前に羽田空港で取材に応じ、今大会限りで日本代表を退く意向のマラソンの川内優輝(埼玉県庁)は「最後くらい笑顔で帰国したい。日本のためにやったぞというレースをしたい」と意気込んだ。

川内は日本男子の主将も務める。3度目の出場に「何とかメダル。狙わないと入賞も見えてこない」と気合十分だった。中本健太郎(安川電機)は「入賞ラインを越えていきたい」と意欲的で、初出場の井上大仁(MHPS)は「どういう舞台か肌で感じるのが楽しみ」と待ち切れない様子だった。

男子棒高跳びの山本聖途(トヨタ自動車)は「決勝で120パーセント以上の力を出したい。(世界の)レベルが上がっているが、自己ベスト更新を目指したい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン